Proxmox Backup Server でQuadstor VTLを利用する

Proxmox Backup Server

Proxmox Backup Server(以下PBSと略)でQuadstor VTLを利用してみる。

Quadstor VTLのインストール・設定

Quadstor VTLを設定し、VCartridgeまで作成しておく。こちらのページ参照。

PBSのiSCSI設定

PBSからQuadstor VTL(以下VTLと略)へのアクセス方法としてはいく種類かの方法が用意されているが、ここではiSCSIで接続する方法を説明する。

以下のコマンドでiSCSI関連コマンドをインストールする。

# apt -y install open-iscsi

つづいて/etc/iscsi/iscsid.confの以下の行を

node.startup = manual

次のように変更する。

node.startup = automatic


修正が終わったらOSを再起動しておく。

OSが起動したらターゲット(Quadstor VTL)の検出を行う。以下はコマンド実行と検出例。

# iscsiadm -m discovery -t st -p 192.168.x.y
192.168.x.y:3260,1 iqn.2006-06.com.quadstor.vtl.(仮想ライブラリ名).autoloader
192.168.x.y:3260,1 iqn.2006-06.com.quadstor.vtl.(仮想ライブラリ名).drive1
192.168.x.y:3260,1 iqn.2006-06.com.quadstor.vtl.(仮想ライブラリ名).drive2

つづいて、検出したデバイスに接続する。

# iscsiadm -m node --targetname iqn.2006-06.com.quadstor.vtl.(仮想ライブラリ名).autoloader --login
# iscsiadm -m node --targetname iqn.2006-06.com.quadstor.vtl.(仮想ライブラリ名).drive1 --login
# iscsiadm -m node --targetname iqn.2006-06.com.quadstor.vtl.(仮想ライブラリ名).drive2 --login

確認コマンド

# iscsiadm --mode session

ここまでで、PBSでVTLを利用する準備ができた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました