IX2215初期設定

IX2215

sshで設定できるまで.おまけでWebコンソールの設定方法.

コンソールでの接続

PCとIX2215をコンソールケーブルで接続する.例によってREX-USB60Fとシスコのヒモを利用する.接続出来たらteratermを起動しシリアルポートを選択してログの設定をする.接続が終わったらIXの電源を入れる.

IPアドレスの付与

以下のコマンドで装置にIPアドレスを静的に割り当てる.

Router# configure 
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)#
Router(config)# interface GigaEthernet2.0
Router(config-GigaEthernet2.0)# ip address 192.168.100.xxx/24
Router(config-GigaEthernet2.0)# no shutdown 
Router(config)# write memory 
Building configuration...
% Warning: do NOT enter CNTL/Z while saving to avoid config corruption.
Router(config)#

sshサーバの有効化

Router(config)# ssh-server ip enable
Generating RSA private key .......
Router(config)#

ユーザ登録

以下のコマンドでユーザ登録を行う.

Router(config)# username root password plain 1234567890 administrator 
% User 'root' has been added.
% Password strength estimation: score 0(very poor).
Router(config)#

これで,装置に設定したIPアドレスにssh接続可能となる.

fedoraからのssh接続

teratermからは接続できるがfedoraのsshでは接続できなかった.対処方法はこちらを参照のこと.

Webコンソール機能設定

IX2000シリーズ取扱説明書では,「コマンドライン(CLI)による設定と、Webブラウザによる設定(Web-GUI機能)に対応しています。」ということであるが、IX2215で「Webコンソール」を使用するには、Web-GUI機能を有効化するための設定を投入する必要があるとのこと。
Web-GUI機能を有効化するための設定内容の詳細は、「IX2000/IX3000シリーズWeb設定マニュアル」を参照いただくとして、簡単に述べると以下の定義をコンソールから設定するだけのようだ。

enable-config 
! 
logging buffered 
logging subsystem all warn 
logging timestamp datetime 
! 
ip ufs-cache enable 
ip dhcp enable 
ip access-list web-http-acl permit ip src any dest 192.168.1.254/32 
! 
http-server ip access-list web-http-acl 
http-server ip enable 
! 
system information lan 1 GigaEthernet2.0 
! 
ip dhcp profile dhcp-profile 
  dns-server 192.168.1.254 
! 
interface GigaEthernet2.0 
  ip address 192.168.1.254/24 
  ip dhcp binding dhcp-profile 
  no shutdown 

で一回http-server ip enableしてみた.はい,一回見てnoしました.

コメント

タイトルとURLをコピーしました